免疫療法で子宮頸がんも対処「カラダに優しく強くなる」

医者

地道な努力で克服

看護師

神経が圧迫させることによって起こる脊柱管狭窄症は下肢のしびれや痛みが起こるものとなっています。そのため、リハビリが必要になることもあるため、治療は専門医の指導の下で行うことが良いと言われています。

» 詳しく見る

腫瘍治療の展望

病棟

骨肉腫の治療は、四肢において化学療法と手術療法の併用で患肢を温存できますが、体幹の骨肉腫は治療に難渋することが多いです。最近では重粒子線治療があり、今後体幹骨肉腫の治療に大きな期待を持てます。ただし、保険外治療のため経済的負担が大きく、治療ができる施設は国内でも4箇所しかない状況です。

» 詳しく見る

免疫でリスクを抑える

最近注目されている免疫療法が出来るクリニックはこちらです。どんな治療方法なのか気になる方はチェックしましょう。

免疫療法とは

看護師

免疫療法という治療法を聞いたことはあるでしょうか。免疫療法は主にがん治療において用いられる治療法です。三大がん治療は、外科治療、放射線治療、化学療法ですが、免疫療法はこれらに続く第4のがん治療として注目されています。 では、免疫療法とは一体どのような治療法なのでしょう。人間の免疫の仕組みを利用したがん治療が、免疫治療と呼ばれています。人間が元来持つ免疫力によってがん治療を行います。そのため、抗がん剤などを使用する化学療法や放射線療法などとは異なり、副作用はほとんど観察されないという治療法です。このことから、がん患者にとって大いに人気があります。しかし、免疫治療単独でがんを克服できるほどの治療効果を得るのは難しい場合もあるため、他の治療法を併用することも少なくありません。

今後のがん治療について

前述したとおり、免疫療法はがん患者の心身的負担が少なく、非常に人気のある治療法となっています。しかし、免疫療法はクリニックや大学病院などの臨床試験、先進医療制度で受けるため、一般の病院では受けることができないという欠点があります。また、多くの免疫療法は健康保険で認められたがん治療ではありません。したがって、健康保険の対象にならず、費用を全額自己負担しなければならないという状況になることもあります。 しかし、化学療法や放射線療法のような副作用はないということはとても魅力的であるため、今後も免疫療法によりがんを治療する患者は増加していくと考えられます。しかし、さらに効果を高めるために、他の治療法を併用するということが理想的であると考えられます。

のどに出来るがん

病棟

咽頭がんは喉にできるがんです。咽頭は上咽頭、中咽頭、下咽頭に分かれており、咽頭がんの種類も三種類に分かれています。名前こそ似ていますが、それぞれに症状や治療法が異なります。咽頭がんの発生原因は飲酒や喫煙の他にウイルスによる感染が原因と言われています。

» 詳しく見る